苦手な人との接し方を学ぼう

働く社会人にとって、勉強しなければならない事は仕事のことだけではないです。人生そのものも色々と勉強しなければならない部分がたくさんあると言えるでしょう。特に同じ職場で働いている人の中に、苦手な人がいる場合、日常に害をきたすほどストレスになってしまう人もいます。確かにそういった人はかなり付き合いづらいです。最初にこちらがわかっていないうちはまだ良いですが、長い付き合いで本当の性格がわかってしまうとイライラしてくるでしょう。

しかし、そこで距離遅くに置くのではなく、むしろそういった人たちと上手に付き合うようにしておくと怖いものなしになります。それができれば、それもまた人生の勉強としてとらえることができ、社会人としてレベルアップが可能になります。嫌な人を遠ざけると言うのは、子供でもできることです。しかし、自分が苦手だと感じる人といかにうまく付き合うかを考えて、付かず離れずの距離で付き合う事は、器の大きな人にしかできないことでしょう。しかもこれは、どんな仕事でも必要になってくるスキルです。どんなに嫌な相手でも、例えば取引先のクライアントであれば、距離をおくわけにはいきません。自分とは価値観の違う人たちが世の中には星の数ほど存在しています。この程度で良い関係を築くのを諦めてしまうようでは、常に人間関係の問題で悩まされることになります。合わない人が存在することをポジティブに捉えて、上手にいろんな人と付き合えるよう、すぐに諦めず一定以上の努力に励みましょう。

2017年12月
     
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
アーカイブ
最近のコメント